飛行機を安く

LCCのとらえ方とは

LCCは格安航空会社と言うことで、近年新しい航空会社の地位を確立しました。これまではフルサービスの航空会社が一般的でしたが、サービスを簡素化している分安く移動することができるLCCは国内外で人気を集めています。 特に海外ではLCCが非常に発展しているところが多いです。このように発展している背景として、サービスよりも料金を優先することが近年ではトレンドになっているところがあります。短い距離を飛行機で移動するときは、座席の幅が狭かったり機内のサービスがなくても問題ないと考える人が多く、こうした人が格安航空会社を頻繁に利用しています。アジアやヨーロッパでは都市間が航空機を利用すると1時間程度のところが多いのも影響しています。

格安航空会社の設立にあたって

LCCと呼ばれる格安航空会社の構造には大きく2つの種類に分けることができます。1つ目は独立系LCCと呼ばれているもので、どこの航空会社とも提携していなく自社で運営を行っている会社です。独立系の会社は多く世界中を飛んでいます。その中には地域ごとによって微妙に名前を変えて飛んでいる会社もあり、その地域に根ざした経営をしています。 2つ目が大手航空会社のLCC部門です。大手航空会社が設立している格安航空会社部門で、格安で運航するために経営方針や雇用、給与などを別にして採用しています。こうした会社では親会社との座席の提携や機材の提携をしているところも多くあります。レジャー路線など観光需要が高い路線をLCCに任せていることが多いです。