有名な洞窟

知っておくと良い情報

沖縄県恩納村の真栄田岬にある「青の洞窟」は、洞窟の半分が海に埋まっていて、太陽の反射で洞窟内が青く照らし出されることが名前の由来となっています。 洞窟内の海の中では多くの魚や海の生物が生息しているため、シュノーケリングやダイビングを目的とした観光客が数多く訪れる人気のスポットとなっています。 シュノーケリングとダイビングはどちらも海の中を楽しむ方法で、ウェットスーツや足ヒレ、水中メガネと装着しているものは同じですが、呼吸器具に違いがあります。 シュノーケリングの場合は、シュノーケルを口に加えて海面付近で遊泳する方法ですが、ダイビングは酸素ボンベを背負って呼吸器具を口に加えることで、海の中でも呼吸をしながら遊泳することができます。

工夫することで得られるメリット

青の洞窟は太陽の反射具合によって色の濃さが変わって見えるのも特徴です。時間によっても変化を楽しむことができますが、青の洞窟はとても人気の観光スポットとなっているため、時間帯によってはとても混雑してしまいます。 特に日中が混雑するので、比較的人が少ない早朝や夕方などに行くとゆっくり楽しむことができます。 青の洞窟は那覇市からも車で1時間ほどで到着しますが、ダイビングショップでも青の洞窟のシュノーケリングやダイビングツアーを用意しているところが数多くあります。 ダイビングショップによっては、器材を全てレンタルできたり、宿泊先のホテルまでの送迎をしてくれるところも多いので、個人で行動するより時間を有効に使えて便利です。